日本人とお餅

玄米丸餅画像

お餅ってなに?

 農業を本業にして3年が経とうとしています。それまではなんとはく作っていた餅米を使ってお餅を量産して販売することで収益を得ようと考えていました。しかし3年目の12月、今年作ったお餅が順調に売れ、完売しようとしていたときに、ふと考えてしまいました。「なぜ僕はお餅を作っているのだろう?」「お餅ってなんなんだろう?」お客さまが私たちのお餅をよろこんで買ってくださるたびにそんな疑問が湧いてきました。

日本人とお餅の関係

日本で餅が食べられるようになった時期は、稲作が伝来した時期と同時期と言われています。
餅は、東南アジアから伝わってきたという節がありますが、臼と杵を使ってもち米をつく杵つき餅は、他の国には無い餅の製法です。
平安時代から、年中行事をお祝いする食べ物として貴族や天皇の間で餅が食べられるようになりました。
一般の人が日常的に餅を食べるようになったのは、江戸時代中期と言われています。

鏡餅は神様へのお供え物

昔から、米や稲は大切な物として扱われてきました。

お正月に各家庭で飾られる鏡餅は、神様への大切なお供え物として誕生したものです。
鏡餅が作られるようになった時期は、まだはっきりと分かっていませんが、平安時代には既に存在したそうです。
神様へお供えした餅には神霊が宿っていると言われており、神様からの祝福を受けるために、お供えした餅を家族みんなで分けあって食べていました。

餅に込められた意味

鏡餅やお供えに使う餅のほとんどは、丸い形をしています。
この丸い形には、様々な意味があります。
三種の神器の一つである鏡の形、人の心臓を模した形、人間関係の円満などが主な理由とされています。
還暦や米寿などのお祝いで使われる餅は、長持ちするという言葉にかけて、長寿を祈願するために飾られています。

現代では、行事とは関係なく餅が食べられていますが、昔の日本では特別な日にしか食べることができない食べ物でした。
日本の伝統行事は一つ一つに意味がありますので、その意味を理解した上で行事に参加すると、昔の日本人の気持ちが分かってくると思います。

私たちの作るお餅

私たちは古代米である緑米を無肥料無農薬不耕起栽培で育てています。11月中旬、他の田んぼの稲刈りが終わった頃に私たちの稲刈りは始まります。刈り取った稲をハザ掛けで天日に干します。そして精米した玄米を蒜山高原の麓にある「蒜山もちもち村」さんで玄米丸餅に加工・真空パックしていただきます。

実ほどに頭を垂れる稲穂かな
玄米丸餅真空パック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です